ウーロン茶がコレステロールを下げる?カテキンが脂質を排泄する

ウーロン茶がコレステロールを下げるの?

 

こんにちは、コレステロールを下げる方法を調べている中島です。

 

ウーロン茶は、普段飲んでいる人も多いと思いますが、私達が思っている以上に効果があります。

 

コレステロールをちょっとでも下げたいと考えている人は、ウーロン茶を飲んでみてはどうでしょうか?


ウーロン茶とコレステロールの関係とは?


ウーロン茶のカテキンがコレステロールを改善する

ウーロン茶には、ポリフェノールが多く含まれています。ポリフェノールに色々な種類がありそれぞれで作用が違ったりします。今回、注目したいのは、カテキンです。

 

ウーロン茶のポリフェノールは、カテキンが主な成分で分子量が大きので小腸から吸収されにくい性質があります。また、脂質とくっつく性質があるので、コレステロールにくっついて排泄する働きがあります。

 

また、中性脂肪は、胆汁と消化酵素リパーゼの働きで分解されて小腸で吸収されてしまいます。でも、ウーロン茶のポリフェノールは、胆汁の作用を防ぐ事が出来るので、中性脂肪にくっついて排泄を促す事が出来ます。

 

だから、ウーロン茶は、余分なコレステロールや中性脂肪を排泄する事が出来るので脂質の改善に期待が出来ます。ただ、脂質の取り過ぎてしまうと意味がないので注意してください。

悪玉コレステロールの酸化を抑える

ウーロン茶には、悪玉コレステロールが酸化するのを抑える働きにも期待する事が出来ます。悪玉コレステロールが、活性酸素によって酸化して酸化コレステロールになります。

 

酸化コレステロールになると動脈硬化が進んで心筋梗塞や脳梗塞になってしまう可能性が高くなってしまいます。だから、コレステロールの酸化を抑える事はとても大切なんです。

 

それを、ウーロン茶なら、酸化対策にもなるのでコレステロールにはいいんです。さらに、ブドウ糖の吸収を抑える事が出来るので血糖値の対策にもなります。コレステロール値が高井人は、高血糖も併発している可能性が高いので、ウーロン茶は、両方にとてもいいです。

 

ウーロン茶には、カテキン以外にもテアニンという成分が含まれていて、副交感神経を優位にしてリラックスする効果もありストレス解消にもいいんです。