紅茶がコレステロールを下げるのはスーパーカテキンの作用のおかげ

紅茶のカテキンがコレステロールの酸化を防ぐ

 

こんにちは、コレステロールを下げる方法を調べている中島です。

 

紅茶には、強力な抗酸化力のカテキンが含まれています。コレステロールの酸化を防ぐ事が出来るんです。


紅茶がコレステロールの酸化を抑える

紅茶には、カテキンが含まれています。紅茶は、発酵させて作るので、カテキンも発行されて2次ポリフェノール類が生成されます。それが、テアフラビンやテアルビジンで、紅茶の渋味や赤い色の元となっています。

 

このテアフラビンは、強力な抗酸化作用を持っているため、「スーパーカテキン」とも呼ばれています。この抗酸化力のおかげで、悪玉コレステロールが活性酸素による酸化を防ぐ事が出来ます。

 

さらに、善玉コレステロールには関係なく、悪玉コレステロールのみを減少させる事や中性脂肪の減少にも期待する事が出来るんです。紅茶には、カフェインも含まれているので、消化作用、覚醒作用の効果にも期待できます。

 

香りも非常にとよくリラックス効果もあり、ストレス解消につなげる事が出来るんです。